社長ごあいさつ
Greetings

東北随一の、豊かな自然環境のなかで・・・【十八の里あんとら鹿角】国立公園十和田・八幡平。美しい景観を絶やすことなく、現在も自然の実り豊かな この地のにおいて、人々は優しく逞しく、そしておおら かに生活を営み、変遷して参りました。
「もの」の時代、「かね」の時代、「とき」の時代と 時代の流れは変わろうとも、その中心にあるのは人そのものであります。
当社はそうした時代背景の中、1969年(昭和44年)6月に創業。鉱山、ボウリング部品にはじまり、ポンプ、自動調整バルブ、治工具、電子部品、産業機械精密部品加工、省力機の設計製作と【お客様第一主義】を 基本方針とし、ひたすら多様化ニーズに応えて参りました。社是に掲げてあります【人間尊重】をベースとし、【日々の創造、変革、夢、信念を堅持】しながら、今新たなニーズへの挑戦として高度加工技術・固有技術の確立を目指し、従来の金属精密加工に加え、超難削材とされるセラミックスをはじめ、タングステンやモリブデン等への精密加工に挑戦しております。
部品ひとつから試作品、ユニット、多品種少量を高い レベルの技術をもって、【東北随一の豊かな環境の中か ら】今後も皆様のご愛顧にお応え出来るよう努力して参 ります。何卒皆様方の一層のお引き立てを賜りますよう 心よりお願い申し上げます。

代表取締役
青山健哉

理念
Philosophy

API;CO(アピコ)とは

ACTION

何事にも求められるニーズに応えるべく、その一歩は行動力から生まれる。

PRODUCT

ものづくりの新しい風を求め、創造と変革の中、より高度な加工技術、新技術への挑戦と、デリバリ、コスト、サービス、ハイクオリティな生産システムの確立。

INTERIGENCE

発想と情熱、思考力、知能を以て、治工具、省力機の「解決型」開発、設計。

CO(U)STOMOR

われわれの使命はお客様の要求を満たす以外の何者でもない。現在の満足を提供し続けることを旨とする。

会社概要
Comapny Information

基本情報

社 名
株式会社 青山精工
代表者
代表取締役 青山健哉
所在地
〒018-5337 秋田県鹿角市十和田末広字紀ノ国平42
TEL
0186-35-3350
FAX
0186-35-4887
設 立
平成2年6月1日
資本金
1,000万円
敷 地
3281.0㎡
工 場
1567.6㎡
第一工場1067.9㎡・第二工場326.7㎡ ストックヤード173.0㎡
事業内容
精密機械加工 治工具 省力機設計製作 オリジナル商品
難削材加工(セラミックス超硬 脆弱材)
セラミックス絶縁ケース整列機 
3Dプリンタ試作品(医療、航空分野)
従業員数
47名(2015年9月30日現在)
主要取引銀行
秋田銀行(毛馬内支店)・北都銀行(毛馬内支店)
北日本銀行(鹿角支店)

沿 革

昭和44年 6月
青山鉄工所として創業
昭和58年 7月
治工具加工部門を設ける
昭和60年 9月
女子電子組立部門を設ける

青山精工に名称を改める
昭和61年11月
業務拡大のため現在地に移転
平成元年
開発部門を新設

治工具・省力機の設計製作を手がける
平成2年6月1日
資本金700万円にて

株式会社青山精工を設立
平成8年 3月
資本金を1,000万円とする
平成13年 7月
セラミックス事業部新設
平成20年 6月
セラミックス事業部増設

主要取引先

キヤノンプレシジョン株式会社/ニチコン岩手株式会社/日本マイクロニクス株式会社/ニプロ株式会社
並木精密宝石株式会社/青森リバーテクノ株式会社/オグラ宝石精機工業株式会社

設備紹介

各種工作機械により精密機械加工、多品種少量、試作、ユニット製作までお客様に信頼していただける品質を、タイムリーに提供してイメージを形に簡単な加工から複雑な加工まで全てオーダーメイドで製作いたします。

ページの先頭へ